デリケートゾーン用石鹸がドンキホーテで買える

デリケートゾーン専用の石鹸が欲しいのです

ドンキホーテで買いたいという声が多かったので、ドンキホーテでデリケートゾーンに使える石鹸を探しました。ドンキホーテには、デリケートゾーンをいたわることに特化した石鹸は少な目です。しかし美肌効果や香りづけ効果がある石鹸はたくさん販売されています。

残念ながら、ドンキホーテのオンラインショップにはデリケートゾーン向けの石鹸は売っていませんでした。全身に使えるボディソープでなんとか陰部に使えそうな物を紹介しましたが、刺激が強めなのでおすすめは出来なさそうだと感じました。

薬局で手軽に購入できるデリケートゾーン用の石鹸の一つに、東京ラブソープがあります。女性用に販売されている石鹸で、バラの香りをした女性目線の製品です。薬局だけではなくドンキホーテなどにも売っていますが、購入しにくい商品名がネックです。

デリケートゾーン用石鹸10種類使ってみた

ここ5年ぐらいで、ドンキホーテなどで、デリケートゾーン用の石鹸をよく見かけるようになりました。かなり流行っていて、有名どころの商品の東京ラブソープは、シリーズ累計で150万個売れ、LCラブコスメティックのジャムウ・ハーバルソープもシリーズ累計213万個を販売しました。そこで、実際に各商品を3日ずつ使ったので、使用感などをレポートします。

プラチナムラブソープは、マイルドな洗い上がりで使用感は普通に良いです。ディープスィートラブ・フェロモンデリケアソープは、染みてヒリヒリ痛く、刺激が強いです。抗菌成分のトリクロカルバンと酸化チタンが入っているためです。ジャムウ・ハーバルソープは、泡立ちは悪いものの、ほぼ無臭で石鹸の匂いがして、安全に配慮した作りになっています。薬用東京ラブソープは、デリケートゾーンに使う商品のパイオニアで、随分前からドンキホーテで扱いがありました。消臭効果はシリーズ中、1段階強いです。東京ラブソープ・プレミアムは、シリーズ中、匂いが華やかで、洗い上がりのしっとりさが強いです。東京ラブソープ・ピュアガールズは、ダマスクローズの香りが控えめでした。ジャムウ・クリア・ナノ・ソープは、東京ラブソープと作っている工場が同じで、成分が少し違うぐらいです。ドルチェ・生ジャムウソープは、柔らかく溶けやすいですが、弱酸性寄りで低刺激です。ルルーシェ・ソープは、泡立ちが悪いので、ネットを使って泡立てます。pHケア・フェミニンウォッシュは、ペーハーの調整機能で、普段はそんなに気にならないのに、たまに匂いがきつくなる人におすすめです。

ドンキホーテで手に入るデリケートゾーン石鹸や黒ずみケア用品

全国にチェーン展開しているドラッグストアやコスメショップが増えているために、デリケートゾーン用のケア用品も専用コーナーがあるほどです。また、最近では、ドンキホーテのようなバラエティショップにも女性コスメ用品を大きく取り扱っているので、女性が注目して購入しています。

東京ラブソープのデリケートゾーンケア石鹸がとても売れた要因は、価格がとても割安で、ドンキホーテで手に入るところです。ドンキホーテは、日本人だけでなく外国人も多く訪れるバラエティショップなので、特に日本のコスメは外国人にとても人気です。

外国人も黒ずみだけでなく、特に臭いに関するデリケートゾーンのケア用品を買い求める人が多く、ドンキホーテでは東京ラブソープの石鹸が売れに売れました。一時期は外国人の買い占めがあるほど品薄状態の時もありましたが、今では大量生産されて品揃えも落ち着きました。外国人には、日本の石鹸は品質が良いという風潮が強いので、売れに売れてしまいます。