デリケートゾーンに適した石鹸でかゆみを防ごう

デリケートゾーンのかゆみの原因

デリケートゾーンは、かゆみが起こりやすい部分です。原因は様々あります。蒸れや汗がその一つです。蒸れやすく、汗をかく部分です。蒸れた状態だと、増加した雑菌が肌に刺激を与え、かゆみを起こしやすくなります。蒸れは、衣類や生理用品によって風通しの悪いのが理由です。また、デリケートゾーンは、汗腺が多いので汗をかきやすい状態になります。また、原因としてストレス、疲労などで抵抗力が低下する場合です。抵抗力が低下すると、肌が過敏になりやすいのでかゆみが起こりやすくなります。また、ホルモンバランスの乱れも原因となります。生理前後、生理期間中は肌が敏感になるからです。また、ナプキンや経血によって、デリケートゾーンが湿っぽくなることで起きます。ホルモンバランスの乱れで、生理の前後はおりものが増えて蒸れやすくなる時もかゆくなります。また、妊娠中はホルモンバランスが流動的になり、かゆくなることもあります。おりものの量が増えると蒸れてきて、カンジダ膣炎になる場合もあります。また、更年期に入ると、ホルモンバランスが乱れやすく、女性ホルモンが少なくなり肌が乾燥しやすくなります。それも原因です。また、洗いすぎもかゆくなる原因とされています。洗う際の石鹸の刺激が強すぎることで、かゆくなることもあります。また、乾燥や下着によるこすれ、摩擦も原因とされています。また、アレルギーやアトピーといった体質が原因でかゆくなることもあります。ナプキンが肌に合わずにかゆくなったり、アトピーでかゆみを放っておくと、カンジダ症を引き起こすこともあります。

デリケートゾーン専用石鹸でかゆみを解消

デリケートゾーンがかゆくなる原因は諸々あります。そのほとんどは、洗い方がうまくできていないからです。きちんと洗って清潔にすることで、かゆみを随分減らすことが可能です。もし、性感染症でかゆくなった場合は、清潔に保つだけでは治りません。おりものが正常でなく、長期間かゆい場合は性感染症の可能性があります。その場合は、一刻も早く産婦人科の治療を受けるべきです。また、かゆくなるのは、多くの場合、蒸れやかぶれが原因です。蒸れることで雑菌が増えてかゆくなります。下着やナプキンなどの摩擦は、かぶれの原因と言えます。そうした症状が出た場合には、洗い方に注意すべきです。可能であれば、デリケートゾーン専用の石鹸を使って、やさしく洗うといいです。市販のボディーソープや固形石鹸は、雑菌のみならず善玉菌も洗ってしまいます。アルカリ性のボディーソープで洗うと、かぶれや炎症の悪化も考えられます。デリケートゾーン専用の石鹸の選び方は、天然成分、無着色、無香料で弱酸性のものが肌にやさしく雑菌を洗い流します。市販のボディーソープや固形石鹸は、アルカリ性のものが多いです。正しい石鹸選びで、かゆみの改善が期待できます。また、日頃から清潔にすることで、かゆくなるのを防ぐことが可能と言えます。

デリケートゾーン専用石鹸の優れたところ

女性からすると、保湿に注意を払う洗顔は常識のようです。顔のスキンケアと同じように、デリケートゾーンにも専用の石鹸で洗うことが大事です。専用の石鹸は、敏感で繊細なところをやさしく洗う
ことをよく考えた成分が含まれています。中には、ハーブを含む物も多くみられます。一例を挙げると、保湿効果に秀でるカミツレエキスや、アロエエキスが含まれるものは、保湿効果に期待が持てます。乾燥は女性の大敵と言えます。繊細なところを色々な悩みから守る保湿成分を含んだ石鹸は、かゆみへの効果が期待できます。また、清潔なデリケートゾーンへと手助けすると言えます。普段から手入れをしておけば、生理中によく現われるかゆみも予防することが可能です。繊細なところには、専用の石鹸できちんと洗うことが大事です。