デリケートゾーン用石鹸がドンキホーテで買える

デリケートゾーン専用の石鹸が欲しいのです

ドンキホーテで買いたいという声が多かったので、ドンキホーテでデリケートゾーンに使える石鹸を探しました。ドンキホーテには、デリケートゾーンをいたわることに特化した石鹸は少な目です。しかし美肌効果や香りづけ効果がある石鹸はたくさん販売されています。

残念ながら、ドンキホーテのオンラインショップにはデリケートゾーン向けの石鹸は売っていませんでした。全身に使えるボディソープでなんとか陰部に使えそうな物を紹介しましたが、刺激が強めなのでおすすめは出来なさそうだと感じました。

薬局で手軽に購入できるデリケートゾーン用の石鹸の一つに、東京ラブソープがあります。女性用に販売されている石鹸で、バラの香りをした女性目線の製品です。薬局だけではなくドンキホーテなどにも売っていますが、購入しにくい商品名がネックです。

デリケートゾーン用石鹸10種類使ってみた

ここ5年ぐらいで、ドンキホーテなどで、デリケートゾーン用の石鹸をよく見かけるようになりました。かなり流行っていて、有名どころの商品の東京ラブソープは、シリーズ累計で150万個売れ、LCラブコスメティックのジャムウ・ハーバルソープもシリーズ累計213万個を販売しました。そこで、実際に各商品を3日ずつ使ったので、使用感などをレポートします。

プラチナムラブソープは、マイルドな洗い上がりで使用感は普通に良いです。ディープスィートラブ・フェロモンデリケアソープは、染みてヒリヒリ痛く、刺激が強いです。抗菌成分のトリクロカルバンと酸化チタンが入っているためです。ジャムウ・ハーバルソープは、泡立ちは悪いものの、ほぼ無臭で石鹸の匂いがして、安全に配慮した作りになっています。薬用東京ラブソープは、デリケートゾーンに使う商品のパイオニアで、随分前からドンキホーテで扱いがありました。消臭効果はシリーズ中、1段階強いです。東京ラブソープ・プレミアムは、シリーズ中、匂いが華やかで、洗い上がりのしっとりさが強いです。東京ラブソープ・ピュアガールズは、ダマスクローズの香りが控えめでした。ジャムウ・クリア・ナノ・ソープは、東京ラブソープと作っている工場が同じで、成分が少し違うぐらいです。ドルチェ・生ジャムウソープは、柔らかく溶けやすいですが、弱酸性寄りで低刺激です。ルルーシェ・ソープは、泡立ちが悪いので、ネットを使って泡立てます。pHケア・フェミニンウォッシュは、ペーハーの調整機能で、普段はそんなに気にならないのに、たまに匂いがきつくなる人におすすめです。

ドンキホーテで手に入るデリケートゾーン石鹸や黒ずみケア用品

全国にチェーン展開しているドラッグストアやコスメショップが増えているために、デリケートゾーン用のケア用品も専用コーナーがあるほどです。また、最近では、ドンキホーテのようなバラエティショップにも女性コスメ用品を大きく取り扱っているので、女性が注目して購入しています。

東京ラブソープのデリケートゾーンケア石鹸がとても売れた要因は、価格がとても割安で、ドンキホーテで手に入るところです。ドンキホーテは、日本人だけでなく外国人も多く訪れるバラエティショップなので、特に日本のコスメは外国人にとても人気です。

外国人も黒ずみだけでなく、特に臭いに関するデリケートゾーンのケア用品を買い求める人が多く、ドンキホーテでは東京ラブソープの石鹸が売れに売れました。一時期は外国人の買い占めがあるほど品薄状態の時もありましたが、今では大量生産されて品揃えも落ち着きました。外国人には、日本の石鹸は品質が良いという風潮が強いので、売れに売れてしまいます。

Amazonにはデリケートゾーンにも使用できる石鹸がたくさん揃っています

デリケートゾーンで悩みを抱えている女性は多くいます

デリケートゾーンについて悩んだことはありませんか?人には聞けない臭い・かゆみの悩みは原因を理解し、対策を取ることで、多くの方が悩みを解消しています。臭い・かゆみは、蒸れや雑菌の繁殖が主な原因となります。膣内は、身体に良い菌とされる乳酸桿菌と雑菌が存在していますが、この良い菌により、膣の中は雑菌が繁殖しにくい、弱酸性環境につくられています。
このPHバランスが崩れると、雑菌が栄養を得て増殖し、排泄される老廃物が臭いの元となります。また独特な臭いがする、すそわきがの場合は、細菌がVIOラインにあるアポクリン汗腺というところから分泌される汗を分解することにより、臭いを出します。その原因となる雑菌の繁殖を増長させてしまう環境には多湿と温度が関係していますので、汗をかいたり、ストッキングやタイツなどピッタリしている衣類、ナプキンなどにより蒸れが起こり、雑菌の増殖やかゆみ、汗の蒸発により臭いを充満させてしまいます。

デリケートゾーンに使える石鹸の特徴

臭い・かゆみの原因である雑菌を増殖させないためには、汗を止めることはできませんので、デリケートゾーンをできるだけ清潔に保ち、弱酸性の環境を壊さないことになります。通気性の良い下着や、締め付けが少ない衣類を着用することや、ナプキンやおりものシートはこまめに換えることが必要です。しかし、デリケートゾーンを清潔に保つために、1日に何度も洗ったり、強くゴシゴシ洗ってしまっては逆効果になる場合もあります。陰部の皮膚はとても薄く、デリケートな部分であるため、過度の洗浄や一般のボディソープなどでは刺激や洗浄力が強すぎて、肌を傷めたり、身体に良い菌を落とし、PHバランスを崩してしまいます。またシャワーのみの洗浄では陰部の構造が複雑なため、なかなか、落ちにくくなっているなどのことから、専用の石鹸が効果を発揮します。

デリケートゾーン専用の石鹸は、低刺激、弱酸性のものとなっていて、毎日、使用することができる製品ですので、肌を傷めず、PHバランスも壊さないように処方されてつくられています。また、専用石鹸の大半が石鹸を泡立てて使用するもので、泡がやさしく洗ってくれて、こすらなくても、汚れが落ちる仕様となっています。製品によっては、殺菌成分、消臭成分、無添加、天然成分、保湿成分などが配合されており、Amazonで販売されている出品の数は60件以上もあります。

デリケートゾーン用の石鹸の購入はAmazonが便利です

デリケートゾーン専用の石鹸は、製品の種類が数多く存在していますが、一般の市場であるドラッグストアや薬局、専門小売店などに並んでいる製品はごくわずかで、多くても、1店舗に10種類くらいの取り扱いとなっています。デリケートゾーン製品は、製品会社からの直接の通販やAmazon、楽天などのショッピングサイトから購入する方式のものが多く、普段はあまり目にするものではありません。

Amazonでは、ドラッグストアのカテゴリーデリケートゾーンケアから石鹸またはソープで検索すると探しやすく、商品の特徴や購入者のレビューも見られるので、いろいろ、見比べて購入することが可能です。また、Amazonではカテゴリー別にランキングしている形式の表示も行っており、デリケートゾーンの売れ筋ランキングが1時間ごとに更新され、皆さんが求めているホットな商品がわかります。Amazonで人気のある商品は、デリケートゾーンケアで米国No.1のマーケットシェアがある医薬品メーカーより商品化されている「サマーズイブ フェミニンウォッシュ センシティブ」や、日本製で膣内にも使用できる肌にやさしいタイプのULULA(ウルラ)「ウルラボディソープ」などに人気が集まっています。

デリケートゾーンの黒ずみの悩みは石鹸で解決

デリケートゾーンが黒ずむ原因とは

肌が黒ずむ原因は、メラニンという物質です。日焼けやシミなどの原因にもなるメラニンですが、そのメラニンが適切に排出されないと、色素が肌に留まり、肌に黒ずみができてしまいます。
そもそも、なぜメラニンが生成されるかというと、本来、メラニンは紫外線などの刺激に反応し、肌を守るために生成されます。そして、デリケートゾーンは恒常的に刺激を受けやすく、メラニンが生成されやすいため、それが、黒ずみの原因になっています。
デリケートゾーンが受ける刺激は主に、
・下着類の締め付け
・アンダーヘアの手入れ
・強く擦るなどの間違った洗い方。
・雑菌
などがあります。
デリケートゾーンはそもそも、他の部位に比べて肌が弱く、刺激を受けやすいため、他の場所であれば、大丈夫なことでも、刺激になってしまうことがまま、あります。また、蒸れやすい場所でもあるため、雑菌が繁殖しやすい環境にもなっています。
しかし、仮にこれらの刺激を減らしたとしても、黒ずみがすぐになくなるわけではありません。メラニンを排出するためには、肌のターンオーバーの力を借りる必要があります。そのため、デリケートゾーンの黒ずみを解消するには、刺激を減らし、ターンオーバーを正常に整える必要があります。

デリケートゾーンのケアにいい石鹸とは

実は、大変わかりやすいことに、デリケートゾーン専用の石鹸というものが存在します。何が専用かというと、1番のポイントは肌への刺激が少ないという点です。一般的な石鹸が弱アルカリ性のものが多いのに対し、肌は弱酸性です。そのため、このphの差が肌にとって刺激になってしまいます。しかし、専用の石鹸は、弱酸性であるため、phの差による刺激が少なくなります。ならば、弱酸性の普通の石鹸でもいいような気もしますが、デリケートゾーンは肌のほかの部位に比べて、酸性度が高いため、専用に作られたものの方が、刺激も少なくなります。刺激が少ないと、メラニンの生成が抑えられるだけでなく、肌荒れも起こしにくくなり、ターンオーバーの乱れも防ぐことが出来ます。
また、弱酸性の石鹸を使うことで、表皮常在菌を殺すことなく、雑菌のみを殺すことが出来ます。表皮常在菌が正常に機能することによって、それが、外から入ってくる雑菌に対してのバリア機能となり、雑菌の繁殖を防ぐことが出来ます。
デリケートゾーン専用の石鹸には、大きくわけて、殺菌重視と美肌重視のものがあり、においも気になるなら、殺菌重視のものを、黒ずみを解消したいだけであれば、部肌重視のものを選ぶといいでしょう。

石鹸を使ったデリケートゾーンのケア方法

せっかく、デリケートゾーン専用の石鹸を使ったとしても、洗い方を間違えてしまうと効果は半減してしまいます。いくらきれいにしたいからといって、ゴシゴシと擦りすぎてしまっては逆効果です。単純に刺激になるだけでなく、必要以上に皮脂などを落としてしまい、肌荒れの原因にもなってしまいます。しっかり泡立ててから、やさしく丁寧に洗いましょう。また、洗うときは膣の中まで洗ってしまわないように注意が必要です。洗うことで、膣の自浄作用が阻害され、雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。
泡パックという洗い方もおすすめです。これは、泡でデリケートゾーンを覆い、3~5分放置して、その後洗い流すというものです。摩擦による、刺激も少なくなりますし、必要以上に皮脂や表皮常在菌を落としてしまう心配もありません。
洗い終わった後は、保湿などのスキンケアも大切です。洗ってすぐは、肌のバリア機能が低下しているため、きちんと保護してあげる必要があります。適切なスキンケアを行なうことで、肌のコンディションを整え、正常なターンオーバーを促すという点においても、黒ずみ対策としては大切です。

デリケートゾーンの臭いをケアするために正しい洗い方を実践しよう

デリケートゾーン用の石鹸を手や泡立てネットで泡立てたもので優しく洗うこと

デリケートゾーンは、正しい洗い方を知っておかないと、臭いのケアをすることは出来ません。ケアが不十分であると、かゆみや臭いの原因となってしまいます。デリケートゾーンは、複雑に入り組んだ構造であり、汚れやすいという一面があります。皮膚が薄く、粘膜も多いので、石鹸やボディーソープを直接、塗布するのではなく、手や泡立てネットで泡立てたもので、優しく洗うことを心掛けましょう。丁寧に洗っているけれど、臭いが気になる方やボディーソープなどで洗うとかゆみが出るという方は、デリケートゾーン専用の石鹸を使用してみることも検討する必要がありそうです。
しっかり洗うのは大切ですが、膣内まで指を入れて洗う必要はありません。膣内は常にpH4程の弱酸性に保たれており、病原菌や雑菌の侵入や繁殖を防いでいます。これは、膣の自浄作用ですが、毎日、石鹸で中まで洗ってしまうと、この自浄作用が低下していまいますので、注意が必要です。生理中は、普段よりもデリケートな状態になっていますので、より丁寧に洗いましょう。

恥垢にはデリケートゾーン用の石鹸によるきちんとしたケアが必要

女性にとっては、非常にナイーブなことですが、デリケートゾーンに溜まってしまった恥垢が臭いの原因となることがあります。恥垢とは、性器の周辺に溜まってしまう白い垢のことを示します。放置してしまうと、強烈な異臭を放ちますので、きちんとしたケアを心掛ける必要があります。デリケートゾーンの恥垢の洗い方のポイントとしては、指を使用して丁寧に洗うことが大切です。そして、デリケートゾーン専用の石鹸を使用しましょう。指に泡を付着させ、より泡立てながら、優しく細部を洗っていくことがおすすめの洗い方です。陰部周辺は皮膚が弱く、刺激に敏感なゾーンですから、通常のボディーソープでは、刺激が強すぎる傾向がありますので、刺激を抑制しつつ、消臭効果が備わっているデリケートゾーン専用石鹸を使用しましょう。
スポンジやボディタオルを使用してしまうと、陰部を擦って、傷つけてしまう可能性もありますから、使用は控えた方が無難です。強く洗ってしまうと、その刺激により、メラニン色素が作られ、黒ずみの原因となってしまいます。とにかく優しく丁寧に洗っていくことがベストな洗い方です。洗う際には、水圧はやや弱めに、温度もやや低めにすることが、皮膚の弱い陰部周辺を洗う際に気を付けるポイントです。

デリケートゾーン用の石鹸で正しい洗い方を把握することが大切です

デリケートゾーンの洗い方のポイントは、まず、お尻を拭くときと同様に、前から後ろに向かって、優しく洗っていくことです。石鹸などの洗浄剤はしっかりと泡立てることが大切です。そのことにより、肌あたりが優しくなり、汚れも適切に落ちることになります。洗った後は、ぬるま湯でしっかりと、ゆすぐことも忘れないようにしましょう。残存しているソープの成分と分泌物が混在したりすると、異様な臭いの遠因となってしまうケースがあるため、この点は注意しましょう。
デリケートゾーンの正しい洗い方をしっかりと教わったことがある方は案外、少ないのではないかと思われます。基本は、デリケートゾーン専用石鹸を使用し、しっかりと泡立て、指の腹を使用しながら、優しく洗うことが大切となります。ぬるま湯で、しっかりとゆすぐことを忘れないで下さい。また、シャワーを直接、デリケートゾーンに当てることは止めましょう。もし、シャワーで流す場合は、シャワーの威力を弱くした状態で少しずつ、流すことを心掛けることが大切です。間違っている洗い方を実践していると、臭いやかゆみ、黒ずみといった悩みはなかなか、改善されません。自己流ではなく、正しい洗い方を実践し、しっかりと予防に努めましょう。

デリケートゾーンのにおいケアにおすすめの石鹸

デリケートゾーン専用の石鹸が必要な理由とは

デリケートゾーンのにおいに悩んでいる女性も多いですが、女性には生理がありますので、普通のものではなく、デリケートゾーン専用の石鹸がおすすめです。においやかゆみなどのトラブルを引き起こす原因は、生理の経血やおりものを栄養分として、悪い菌が増殖してしまうためだと言われています。専用の石鹸を選ぶメリットとしては、弱酸性でデリケートゾーンをケアできることがあげられます。デリケートゾーンは、尿やおりものなどアルカリ性の物質に常に触れているような状況です。普通の石鹸はしっかりした洗浄力を発揮するためにアルカリ性になっていますが、そのようなもので洗うと必要な常駐菌まで落としてしまい、においの悪化や肌に負担を掛ける黒ずみの原因になることがあります。デリケートゾーンには粘膜があるので、アルカリ性の石鹸で洗うと刺激が強く、しみることがあります。洗うときは、できるだけ刺激にならないように肌と同じ弱酸性の石鹸を使うようにしましょう。また、専用のものはただ、清潔にするだけでなく、におい、かゆみ、黒ずみに対応してくれます。特に生理前後のにおいを気にしすぎてゴシゴシ洗い過ぎる方もいますが、ミョウバンやジャムウ、アロエなど特有の気になるにおいやかゆみを抑制する成分が配合されているので、優しく洗うだけでにおいのケアができます。専用のものは、弱酸性の状態を守りながら洗えるので、乾燥を抑えることができます。生理前後に生理用品で蒸れたり、夏場に下着が蒸れたりしてかゆくなることがありますが、そのようなかゆみに対しても効果的ですし、下着のすれによる色素沈着や黒ずみにも効果が期待できます。

デリケートゾーン専用の石鹸の選び方

刺激の強い石鹸は洗っているときにしみたり、ヒリヒリした痛みを感じる恐れがありますので、肌にやさしい低刺激のデリケートゾーン専用のものを選びましょう。
商品のパッケージを見て、殺菌成分などにおいがケアできる有効成分が配合されているかどうかを確認しましょう。香料でにおいをごまかすタイプの石鹸は、洗った直後は良くてもしばらくするとにおいが出てきてしまいます。デリケートゾーン専用の石鹸には様々な成分が配合されているので、それぞれの悩みに合わせたものを選ぶと良いでしょう。主な成分として、ジャムウやミョウバン、アロエやパパイヤなどがあります。ジャムウはインドネシアのハーブを調合した民間伝承薬のことであり、殺菌や制汗作用があり、肌荒れや黒ずみに効果があると言われています。ミョウバンは制汗作用や殺菌効果が期待できます。アロエには保湿効果があり、消炎と殺菌作用があると言われています。パパイヤは色素沈着を抑え、古い角質の除去を助けます。

おすすめのデリケートゾーン専用石鹸

ここでは肌にやさしく、デリケートゾーンのケアができる石鹸をいくつかご紹介します。はじめにおすすめするのが、デオシークです。デオシークは厚生労働省が認可した医薬部外品です。有効成分のパラフェノールスルホン酸亜鉛が汗の出口にフタをして汗をブロックし、殺菌成分のイソプロピルメチルフェノールが嫌なにおいを解消してくれます。保湿成分も配合されているので敏感肌の方でも使用できます。石油系界面活性剤やパラベンなどは無添加なのでデリケートゾーンにも安心して使えます。
次におすすめするのが、イビサソープです。イビサソープはイソプロピルメチルフェノールとグリチルリチン酸ジカリウムがにおいの原因となる雑菌を徹底消去します。合成香料や着色料などは無添加で、オトギリソウエキスやオウバクエキスなど6種のジャムウ成分と5種のビタミンが配合されていて肌にやさしくなっています。

悩めるデリケートゾーン、効果の期待できるおすすめの石鹸は?

デリケートゾーンの悩みについて

デリケートゾーンの悩みには、においや痒み、かぶれ、黒ずみなどがあります。自分のにおいが周りの人に気付かれていないか、気にしている女性が多くいます。においの原因は雑菌です。雑菌が汗を栄養として繁殖し、においのする老廃物を出します。この他にも、雑菌のえさとなる栄養豊富なおりものや尿、汗、垢などが揃っています。デリケートゾーンは、下着やストッキングなどで覆われているために、常に暖かく、湿度が高い状態で、菌の繁殖に適した環境といえます。
対策としては清潔を保ち、雑菌に栄養を与えないことです。入浴時にデリケートゾーンをきれいに洗い、スポーツなどで汗をたくさんかいた場合には、下着を取り替えた方が良いでしょう。おりものが気になる場合や、生理中はこまめにナプキンを取替えましょう。パンツスタイルなら、通気性の良いゆったりとしたデザインが、痒みと蒸れを防ぐことができます。もし、痒みのひどい場合やひどくただれる、においが急に強くなったなどの症状があれば、早めに医師に相談しましょう。

デリケートゾーン用の石鹸の効果について

デリケートゾーンを清潔に保つために、肌が薄く、刺激に弱い部分ですから、力を入れず、優しく洗いましょう。石鹸をよく泡立てて、傷付けないように、指の腹を使い丁寧に洗います。複雑な形なので、汚れが残りやすい細かいところに気を付けて洗い、最後に、シャワーで洗い流します。身体用の石鹸はアルカリ性のものが多く、デリケートゾーンに使用すると、肌を守る役目をしている常在菌まで洗い流してしまいます。そうすると、においがひどくなったり、痒みや乾燥、黒ずみの悪化などを引き起こすことになります。
デリケートゾーン用の石鹸は肌と同じ弱酸性です。肌に必要な常在菌は残して、においの原因となる菌だけを殺菌します。デリケートゾーン用の石鹸は、通販や薬局で数多く販売されています。におい対策用の石鹸には、消臭成分・原因菌を殺菌する成分が配合されています。痒み対策用には、炎症を抑える成分が配合され、黒ずみ対策用にはメラニンの生成を抑える成分が配合されています。ジャムウとは、インドネシアで伝えられているハーブを調合したもので、種類は何百種類もあります。

デリケートゾーンの悩みに効果はあるものは?

・シークレットレディ・ジャムウソープ…におい、黒ずみ、痒みに効果が期待できます。     
                   天然原料を使用し、ムダ毛抑制効果のある成分も配合されています。
・LCジャムウ・ハーバルソープ…におい、黒ずみに効果が期待できます。無香料で、美白成分が配合されています。
・アンボーテ・フェミニーナウオッシュ…におい、痒み、黒ずみに効果が期待できます。全て天然成分から作られ、  
                   湿効果もあり、敏感肌の方でも安心して使用できます。
・ペマエンジェルレディハート…におい、黒ずみ、痒みに効果があります。
               美白成分を配合し、黒ずみ対策成分が主体になっています。
・イビサソープ…におい、痒み、黒ずみに効果があります。

これらが人気のあるデリケートゾーン用の石鹸ですが、この他に薬局でも買える石鹸もありますので、急いで使いたい時には便利です。コラージュフルフル泡石鹸は、薬局の他に通販でも購入できます。また、毎日使うために値段も気になるところです。価格が高いから品質が良い、というものではないようです。安くても効果が高い石鹸もあります。価格と共に、配合されている成分が、自分の求める効果があるものかチェックして選ぶことが大切です。

デリケートゾーン専用の石鹸ならジャムウを選ぼう

デリケートゾーン用の石鹸とは何のためのもの?

デリケートゾーンの黒ずみやニオイに悩んでいるなら、使っている石鹸を見直すべきかもしれません。特に普通の石鹸やボディソープを使っているのであれば、デリケートゾーンを洗浄するための専用品に切り替えてみるべきです。普通の石鹸は、デリケートゾーンを洗う用途には適していません。まず石鹸の多くはアルカリ性ですが、デリケートゾーンは弱酸性です。常在菌のデーデルライン桿菌によって、弱酸性の状態を保つ事で雑菌の繁殖を防いでいます。この酸性の状態が崩されてしまうと雑菌の繁殖によってニオイがするようになったり、雑菌が原因の刺激によってメラニン色素による黒ずみが出たりしてしまうのです。また洗浄力や殺菌力が強すぎる場合、デーデルライン桿菌などの健康維持に欠かせない常在菌まで過剰に洗い流してしまい、雑菌の繁殖をさらに助けてしまいます。黒ずみができるほど刺激が強いと、痛みを感じて隅々まで洗いにくい欠点も見逃せません。デリケートゾーンの不調は体全体の不調にもつながりかねないものです。数々のデメリットを考えると、デリケートゾーン専用の石鹸は女性にとって必須の道具と言っても過言ではないでしょう。

おすすめのデリケートゾーン専用の石鹸の選び方

デリケートゾーン専用の石鹸は、インターネットなどによる通信販売や各地の量販店、ドラッグストアなどで販売されています。国内外から様々な商品が販売されており、成分や価格もそれぞれ違っているため、それらから最適なものを選ぶためには、パッケージの表示をよく見る必要があります。まず見るべきは、デリケートゾーンを刺激しない弱酸性であるかどうかでしょう。さらに低刺激を追及するなら、添加物が入っていない天然由来成分のみの商品がおすすめです。加えてニオイに悩んでいるなら殺菌成分が配合されているかどうかも調べるべきです。殺菌成分配合の商品の中には、ニオイの原因菌だけを処理する事ができる物もあります。数多くの商品の中には殺菌せずに香料でニオイをごまかすタイプも存在しますが、うまくいってもニオイをごまかせるのは香料が残っている間だけですし、場合によってはニオイと香料が混ざって状況がより悪化するケースも考えられるため、あまりおすすめはできません。黒ずみに悩んでいて美白クリームのダメ押しがしたいのであれば、黒ずみを落とす成分が入っているかどうかも確認した方が良いでしょう。これらの作用を実現する成分として、様々な物が使われています。それらの中でも現在、数多くの商品に使用されていておすすめの成分が、ジャムウを用いたものです。

デリケートゾーンの悩みを解消するジャムウ石鹸の効果と選び方

ジャムウとはインドネシアに伝わる伝統医療です。同じく伝統医療である古代インドのアーユルヴェーダを基にしていると言われており、インドネシアでは現在でも身近な医術として親しまれています。インドネシアに生息する膨大な種類の植物などから生薬を作る事で知られており、近年では日本でもジャムウの生薬を応用した製品が数多く販売されるようになってきました。デリケートゾーン用の石鹸も、ジャムウによる成分がよく用いられるようになった商品の一つです。その商品に配合されている成分の内容にもよるでしょうが、ジャムウのエッセンスを取り入れることで殺菌や制汗に加え、スキンケアや黒ずみ処理にも効果があるとされています。デリケートゾーンの問題を対処するうえで、ジャムウによる成分を用いた石鹸は最適と言えるかもしれません。ジャムウを謳う商品は数多く出回っているため、その中から選ぶなら、配合してある天然由来成分の数が多いものを選びましょう。加えて選び方の基本として、弱酸性かつ添加物が少ない製品なら間違いは無いはずです。デリケートゾーンの悩みは、専用のジャムウ石鹸で早めに晴らしてしまいましょう

デリケートゾーンに適した石鹸でかゆみを防ごう

デリケートゾーンのかゆみの原因

デリケートゾーンは、かゆみが起こりやすい部分です。原因は様々あります。蒸れや汗がその一つです。蒸れやすく、汗をかく部分です。蒸れた状態だと、増加した雑菌が肌に刺激を与え、かゆみを起こしやすくなります。蒸れは、衣類や生理用品によって風通しの悪いのが理由です。また、デリケートゾーンは、汗腺が多いので汗をかきやすい状態になります。また、原因としてストレス、疲労などで抵抗力が低下する場合です。抵抗力が低下すると、肌が過敏になりやすいのでかゆみが起こりやすくなります。また、ホルモンバランスの乱れも原因となります。生理前後、生理期間中は肌が敏感になるからです。また、ナプキンや経血によって、デリケートゾーンが湿っぽくなることで起きます。ホルモンバランスの乱れで、生理の前後はおりものが増えて蒸れやすくなる時もかゆくなります。また、妊娠中はホルモンバランスが流動的になり、かゆくなることもあります。おりものの量が増えると蒸れてきて、カンジダ膣炎になる場合もあります。また、更年期に入ると、ホルモンバランスが乱れやすく、女性ホルモンが少なくなり肌が乾燥しやすくなります。それも原因です。また、洗いすぎもかゆくなる原因とされています。洗う際の石鹸の刺激が強すぎることで、かゆくなることもあります。また、乾燥や下着によるこすれ、摩擦も原因とされています。また、アレルギーやアトピーといった体質が原因でかゆくなることもあります。ナプキンが肌に合わずにかゆくなったり、アトピーでかゆみを放っておくと、カンジダ症を引き起こすこともあります。

デリケートゾーン専用石鹸でかゆみを解消

デリケートゾーンがかゆくなる原因は諸々あります。そのほとんどは、洗い方がうまくできていないからです。きちんと洗って清潔にすることで、かゆみを随分減らすことが可能です。もし、性感染症でかゆくなった場合は、清潔に保つだけでは治りません。おりものが正常でなく、長期間かゆい場合は性感染症の可能性があります。その場合は、一刻も早く産婦人科の治療を受けるべきです。また、かゆくなるのは、多くの場合、蒸れやかぶれが原因です。蒸れることで雑菌が増えてかゆくなります。下着やナプキンなどの摩擦は、かぶれの原因と言えます。そうした症状が出た場合には、洗い方に注意すべきです。可能であれば、デリケートゾーン専用の石鹸を使って、やさしく洗うといいです。市販のボディーソープや固形石鹸は、雑菌のみならず善玉菌も洗ってしまいます。アルカリ性のボディーソープで洗うと、かぶれや炎症の悪化も考えられます。デリケートゾーン専用の石鹸の選び方は、天然成分、無着色、無香料で弱酸性のものが肌にやさしく雑菌を洗い流します。市販のボディーソープや固形石鹸は、アルカリ性のものが多いです。正しい石鹸選びで、かゆみの改善が期待できます。また、日頃から清潔にすることで、かゆくなるのを防ぐことが可能と言えます。

デリケートゾーン専用石鹸の優れたところ

女性からすると、保湿に注意を払う洗顔は常識のようです。顔のスキンケアと同じように、デリケートゾーンにも専用の石鹸で洗うことが大事です。専用の石鹸は、敏感で繊細なところをやさしく洗う
ことをよく考えた成分が含まれています。中には、ハーブを含む物も多くみられます。一例を挙げると、保湿効果に秀でるカミツレエキスや、アロエエキスが含まれるものは、保湿効果に期待が持てます。乾燥は女性の大敵と言えます。繊細なところを色々な悩みから守る保湿成分を含んだ石鹸は、かゆみへの効果が期待できます。また、清潔なデリケートゾーンへと手助けすると言えます。普段から手入れをしておけば、生理中によく現われるかゆみも予防することが可能です。繊細なところには、専用の石鹸できちんと洗うことが大事です。

ドラッグストア、薬局で購入できる市販のデリケートゾーン専用の石鹸

薬局、ドラックストアで購入しにくい、デリケートゾーン専用の石鹸

デリケートゾーンの臭いやかゆみで悩んでいる女性は以外に多いです。生理の度に臭いが気になったり、パートナーにどう思われているか気になって行為に集中出来なかったり、パートナーに嫌がられたりと良いことは一つもありません。よほど症状が酷くない限りまずは薬局やドラッグストアで手に入る市販のデリケートゾーン専用の石鹸を試してみるのが手軽です。デリケートゾーン専用の石鹸はネット通販ではとても多くの商品が出回っていますが、薬局、ドラッグストアでは種類も数も少なくあまり市販されていないのが現状です。
同じチェーン店でも、店の地域や、規模によっては置いてある店舗と置いていない店舗があったりします。また陳列されている場所は決して目立つ場所にはなく、ボディソープコーナーであれば下段の隅の方の人目につきづらい場所だったり、無ければ生理用品コーナーの端や下段に置かれている場合が多いです。目線の高さにはなく、パッケージもデリケートゾーン専用の石鹸とは分からないようなおしゃれなデザインであったり、店側もきちんとした表示はすることはないので、その商品を知らないと見つけるのは少々難しいと思われます。

薬局、ドラッグストアで買えるデリケートゾーン専用石鹸

少々入手しづらいですが、薬局、ドラッグストアで手に入る商品としては、CM、広告で見かけるラクタシードやサマーズイヴシリーズやコラージュフルフル、phフェミニンウォッシュ、ポーランド生まれのインティマD、TBCグループのMolon by TBC VIO、セペフェミニンソープ、ジャム ウクリアナ ナノ ソープ、東京ラブソープなどです。人それぞれ個人差がありますが実際に使ってみると、「使ってよかった」、「初めから使っておけば良かった」となる方が多いようです。なぜ、専用の石鹸を使う必要があるのでしょうか。元々人の身体には常在菌が存在し、人体と共生しています。常在菌は善玉菌と悪玉菌とあって体の様々な場所に棲み分けし、我々の皮膚を安定した状態に守っています。
健全な皮膚環境のためには洗いすぎは禁物です。肌を傷めないように優しく洗いましょう。デリケートゾーンに関しては普通のボディソープでは刺激が強すぎます。普通のボディソープではラウレス、ラウレス硫酸ナトリウムといった台所洗剤の主原料にもなっている合成界面活性剤が使われているので洗浄力が強すぎて肌に与えるダメージが大きいためです。そのためデリケートゾーン専用の石鹸を使い、良い菌を弱らせず肌に優しく洗い、臭いの元となる雑菌を殺菌洗浄する

デリケートゾーン専用の石鹸のいろいろ

ほとんどのデリケートゾーン専用の石鹸は低刺激のアミノ酸系で作られています。合成界面活性剤や着色料を使わない無添加で肌のために高品質で上質な素材を使っているので、普通の石鹸より値は張りますが、臭いや黒ずみの解消といった、メリットが大きく、高い買い物とは言えないでしょう。薬局、ドラッグストアで売られている市販のデリケートゾーン専用の石鹸は通販限定商品よりもリーズナブルではありますが、海外製の多少強めの洗浄力のものがあるので選ぶ際には慎重に成分などを確かめて購入しましょう。
通販のみで売られている商品には、臭い対策に効果の高いジャムウや柿タンニンが入っていたり、黒ずみ対策成分が入っていたりとコストを考えていない商品が多く、少量販売、開発費等で高額な商品が多いです。また通販のみの製品の中には、すそわきが(外陰部臭症)対応のデオドラントクリームにサプリを組み合わせる、身体の中と外から臭い原因を解消する医薬部外品もあります。

デリケデリケートゾーンの臭いケア対策おすすめ石鹸ランキング

デリケートゾーンの石鹸選びで大切なこと

デリケートゾーンの臭い対策というものを考えてみると、やはり、正しい石鹸選びから始めることが大切です。まず、含まれている成分を調べてみる必要性があります。商品のパッケージには様々な成分が記載されていますが、臭い対策に有効な成分があるかどうかを調べてみましょう。「医薬部外品」や「薬用」という記載があれば、厚生労働省が認可した有効成分が配合されている証となります。そのような石鹸を選ぶ必要があります。香料で臭いを隠す目的のタイプもありますので、注意が必要です。
デリケートゾーンですから、肌に優しく、低刺激の専用石鹸を選ぶことも大切です。刺激が強い石鹸は、赤み、そして、かぶれなどの肌トラブルを起こす可能性があります。このポイントを抑えた上で、デリケートゾーン専用石鹸のおすすめ人気ランキングを見ていきましょう。おすすめ人気ランキングの基準は「臭い対策のケアが出来ているか」「肌に優しいのか」の2点とします。

デオシークは厚生労働省が認可した医薬部外品

デリケートゾーンの石鹸のおすすめ人気ランキングでも1位に輝く商品は、デオシークです。厚生労働省が認可した「医薬部外品」であり、デリケートゾーンの臭いケアにおいて、大切な「イソプロピルメチルフェノール」と「グリチルリチン酸ジカリウム」によるW効果で、デリケートゾーンの臭いを解決します。割安の定期コースは初回で解約可能であり、1000円引きになるキャンペーンも行っています。販売価格は4980円となっており、定期コースを申し込むと、販売価格は2480円となります。2位は、コラージュフルフル泡石鹸です。この商品も、おすすめ人気ランキングで上位に選ばれる商品です。医薬部外品であり、デリケートゾーン専用泡石鹸です。皮膚に常在している菌だけではなく、カビにも対応可能な「ミコナゾール硝酸塩」を配合しています。薬局でも購入可能ですが、WEB通販では送料無料となりますので、通販での購入をおすすめします。販売価格は1800円です。
3位はイビザソープです。医薬部外品で、雑菌成分、ジャムウ成分、ビタミンまで配合されており、肌に優しい無添加処方です。28日間の全額返金保証もあるので、初めて注文する方も安心して、使用することが可能でしょう。デリケートゾーンだけではなく、別の臭いが気になるところにも使用可能です。販売価格は5800円ですが、限定価格では、3970円となります。おすすめ人気ランキングの上位で目立つことは、やはり、WEB通販を行っていることが挙げられます。特別価格で提供していることはやはり、支持される理由のひとつとなります。

石鹸を正しく選ぶことでデリケートゾーンの臭いをケアする

おすすめ人気ランキングの4位は、ジャムゥロンタルハーバルジェルソープです。ジャムゥはハーブや生薬を意味しており、臭いや黒ずみケアが可能な天然成分で作られていることが強みです。しかも、日本女性の肌質に合わせて作られていることから、肌トラブルを起こす可能性が低い商品です。デリケートゾーンに優しい弱酸性であり、ジェルタイプで使用しやすい反面、消費が早く、コスパ面が不満との意見が多いです。
5位は、LC’sのジャムウハーバルソープです。この商品は、即効性が存在する臭いケアが可能ですが、専用石鹸では珍しいアルカリ性タイプとなっています。品質と成分に拘って作られているので、トラブルを起こす心配もありません。泡立ちが悪いという欠点はありますが、高い清浄力が魅力です。このデリケートゾーン石鹸のおすすめ人気ランキングを参考にし、デリケートゾーンの臭いを解消しましょう。石鹸を正しく選ぶことで、気になるデリケートゾーンの臭いをケアすることが可能です。